Project Description

宮廷料理 天平の宴
平城京が最も栄えた天平時代、宮廷貴族は実に贅沢な食生活を楽しんでいました。
夜を日についで開かれた宮廷の宴を、現代人の嗜好と感性を加味した古代ヘルシー料理として再現したのが、この「天平の宴」です。
食文化の源流と、古代の歴史を味わうひととき、1300年の時を超えた美食の世界をお楽しみください。

平城宮跡から出土した木簡、約7万点

平城宮では、1959年から本格的な発掘調査が行われ、これまでに7万点にのぼる木簡や土器、瓦などが発掘されてきました。そこからは、当時の貴族の生活、例えば食材や調理法等の詳細な情報を得ることができ、古代史の解明が飛躍的に進みました。

nara1研究を重ねること5年。宮廷料理の再現に成功

奈良パークホテルでは、出土された木簡や文献をもとに、考古学者や料理研究家などの専門家の支援をいただきながら研究を重ねること5年、ついに万葉の宮廷料理「天平の宴」が完成しました。その後更に20余年の間、改良を重ね現代人の感性に合う古代宮廷料理としてご提供致しております。


料理人の手間と苦労

当時の食事を再現するために、包丁の入れ方から、調理方法、味付けまで、様々な工夫と苦労を重ねながら、現在の「天平の宴」を実現させました。料理人達は、当時の調理方法を再現するため、1つの料理の下ごしらえに3ヶ月を費やすものもあります。

nara2天平の蘇

奈良時代唯一の酪農食品で、新鮮な牛乳を数時間に詰めた結晶が「天平の蘇」です。
混じりけ無しの、古代の鄙びた味覚に浸れます。お料理にもついておりますし、お土産としてお持ち帰りいただいています。

 

 

nara3「天平の宴」専用のお部屋「大宮の間」と、語り部によるご説明

「天平の宴」を食べていただくために、宮廷のしつらえを思わせる「大宮の間」をご用意しております。また、お食事の際には、必ず、お料理のご説明を行う「語り部」がご説明を行います。

 

 

奈良パークホテル
〒631-0845 奈良市宝来4丁目18番1号
TEL 0742-44-5255